CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
★プロフィール★
ハンドルネーム:TAK
1974年生まれ
東京在住 男
トレードスタンスは
主に順張りのスイングトレード

★Twitterもやってます★
http://twitter.com/tak3737

★私のトレード歴★
−2000年頃−
初めての口座を開設。株のトレードを少しずつ始める。この頃はほとんど勉強せず、何も分からずにミニ株でソニーなど5銘柄を買い、そのまま塩漬け。塩漬け株を処分したあと、しばらく売買するもあまりうまくいかずにそのまま株に対する熱は冷める。
−2004年〜2006年−
チャートなどの勉強を少ししたうえで、資金約40万で本格的にスイングトレードを始める。2005年の上昇相場に乗って、資金追加も含めて最高で250万円まで資金を増やしました。しかし、2006年1月のライブドアショックをきっかけとする下落相場にて大負け。半年ほどの間にほぼすべての資金を飛ばす。つまり退場(笑)
−2007年2月〜2008年9月−
資金を100万ほど投入し、再びスイングトレードを開始するも勝ったり負けたりを繰り返し2008年9月には40万円台まで資金を減らす。この頃まで、勝つために必要なことをせず、行き当たりばったりの計画性のない、いい加減なトレードばかりしていた。
−2008年10月〜12月−
これではいけないと思い、今まで学んだことを復習。3か月、毎月収支をプラスにすることを目標として、慎重にトレードを行い、3か月連続のプラス収支達成。これはかなり大きな自信となった。
−2008年12月15日−
このブログを始める。
この時の資金額は533896円。
−2009年5月−
2008年9月に40万円まで減った資金が2倍の80万円を超える。
−2009年5月25日−
ビジネス雑誌「BIG tomorrow」の取材を受け紹介される。
−2010年4月−
上記取材後は苦戦続きも資金100万円突破 -2013年4月-
当ブログの更新を中断
-2013年6月-
資金が過去最高の260万円となる。
-2013年8月-
本業に集中するためにトレード中断。資金のほとんどを出金。
-2014年12月-
資金40万円でトレード再開
-2015年12月-
当ブログの更新を再開
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< 買った | main | NEC損切り >>
強気で
日経はいい感じで上昇して陽線。
さらに為替が上に抜けてくれるといいんだけど。

今日は買い6銘柄をそのまんま放置。
含み益ではありますが、すぐに飛んでしまう程度のもの。
明日はどうなりますかね。

現在のポジション
<1866>北野建設 1000株

<4708>もしもしホットライン 200株
<6501>日立製作所 1000株
<6701>NEC 2000株

<8058>三菱商事 200株
<8306>三菱東京UFJ 600株


<スポンサードリンク>

株でスイングトレードする日記TOPへ

| スイングトレード記録 | 22:57 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
こんにちは〜

上げトレンド継続ですね。完全に失敗しました。

2151は寄りから,1407は下げ止まってから、ほかに6513,4539、2371、6330、8136、4755などを買っています。

買いは我慢できますけど、売りは恐いのですぐあきらめます。

ソフトバンクと6355は下げたところで買い戻しましたが、他の銘柄はだめでした
| 風の又三郎 | 2012/10/18 12:11 PM |
こんにちは〜

1407は同値撤退です。後場さらに沈んでいきました。狙った獲物ですから引き続き監視していきます。w
| 風の又三郎 | 2012/10/18 4:24 PM |
今日に限って糞忙しのはやめて…orz
昨日チェックしていた欲しい銘柄だけ寄りで購入し
他は指値にHitしたものだけ新規イン。
SIは高値圏で半分利確しました。

継続L分:エムアップ、カイオム、SI、ウチヤマ、ジャステック、
ベネワン、こころ、フェンオール、桧屋、ハウスコム、アストマックス、
あとは復興関連を色々ロング

継続S分:ユロドル1.3125S

昨日は先物8810Lのドテンがファインプレーでした!
ユーロ、ユロドルは週足Rを抜けれるのか…
東1銘柄はあまり買う気がしませんが、
材料株、サラ金だけは注目したいと思います。

お疲れ様でした^^
| kei | 2012/10/18 9:11 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bil37.jugem.jp/trackback/1176
トラックバック